雨の日に適したスニーカーはゴアテックスマテリアル仕様のニューバランスに決まり

 梅雨シーズンになると、気になるのは雨ですが、
実際に雨の日に履くスニーカー選び中なポイントは雨の日でも
濡れにくいタイプのニューバランスのモデルがおすすめです。

 高級モデルのレザータイプなど
雨に履くとシミの原因になってしまう事もありますが
オールレザーでは、ある程度の水濡れでも足まで濡れないメリットもあります。

 また通気性の良いメッシュモデルもありますが、
こちらは、防水スプレーなどである程度カバーできる所もあります。

 ですが、完全防水では無いので、
水たまりに足を入れてしまうとサイドなどから
浸水してしまう可能性もあります。

 雨の日にスニーカーの中に水が入ってしまうと、
けっこう冷たさが伝わったり不快感もあるので、やっぱり
スニーカー選びとしては、ゴアテックスマテリアル仕様の
ニューバランスを選ぶのが、ベストな選択になります。



 以前は雨の日と言えば長靴のイメージもありましたが、
長靴は、通気性が悪くゴアテックス素材を使用したモデルと比較すると、
足の中のムレ感や歩きやすさも違います。

 ゴアテックスマテリアルを仕様のニューバランスのスニーカーでは、
多少の水たまりでもそれほど気にしないで濡れても大丈夫なので、
通勤や通学、雨の日にもベストな1足になります。

 雨の日でも足元を気にすることなく
快適なウォーキングサポートスニーカーとしてもゴアテックス仕様のニューバランス
NB MW880G 4E B3 ブラック ウォーキングタイプをチェックするのも良い感じです。

 



スニーカーの履き心地や好みで分かれるポイント

 スニーカー選びの中で、けっこう重要なポイントがあります。
それは、固めの履き心地が好きな人と柔らかめの履き心地が好きな人など、
色々なポイントがあります。

 私がこれまで履いて来たスニーカーの中で、
好みのタイプを参考までに紹介します。

 まず、クッション性はちょっと柔らかめで、
そこそこ反発性があるタイプです。

 またアッパー素材は、スエード調、メッシュなどです。
通気性がとぢらかと言えばある方が好みになります。

 革靴タイプでは、湿気が逃げにくい所もあり、
季節によっては履きにくいケースもあります。

 クッション性が固めで反発性が高いモデルでは、
ナスキのスニーカーなど、そういった感じのタイプが多く履いた事もあります。

 こちらは、ちょっと尖った感じの履き心地になるので、
合わないと足が疲れやすいケースもあります。

 インソールで調節する方法もありますが、
インソールもクッション性が高いモデルにクッションの良い
インソールを入れると、足の返り、反発れょくが弱くなるので、
返って疲れる方もおります。

 こういった感じで、色々履き比べて、
自分の好みの履き心地モデルをセレクトして行くのもポイントです。

 ニューバランスでけっこう良いと言われているモデルでは、
1500とか576ですが、個人的には1700が穿き心地のバランスでは、
高いと思います。

 2002などのモデルは、ミッドソール素材など固めになっているので、
ウォーキングがメインでは、1700などのミッドソールが良い感じです。

 反発性よりクッション性重視。膝や腰に負担を感じる方では、
どちらかと言えば、反発性よりクッシヨン性の高いモデルをセレクトした方が
痛みや疲れを和らげる所もあります。
 立ち仕事でずっと立っている方では、ちょっと固めの方が疲れにくいなど、
それぞれのシチュエーションに合わせてセレクトする事もポイントです。

ニューバランス 1700 メンズ new balance スニーカー CM1700GZ Dワイズ ネイビー [2/2 新入荷]

ニューバランス 2040 ネイビー/レッド メイドインUSA お買い得の一足

 最近のニューバランス市場をチェックしていると
限定モデルの高騰が続いています。今回、紹介するニューバランス2040 ネイビー/レッドは、
機能性やクォリティも申し分ありませんが、ショップによっては、7万円台で販売されている所もあり、
ニューバランスファンとしては、メーカーからの再販モデル、バリエーションカラーモデルをチョイスする事など多少は妥協して購入する事が必要になって来る場面もあります。



 こちらのニューバランス M2040 ネイビー/レッド カラーUSA版は、
比較的正規価格で入手できるので、手に入れたい方にはお得なプライス設定になっています。

 ニューバランスの履き心地の良さやクォリティの認知度も高まった事で、
ネット市場でも、中々、入手する事が難しくなっています。

 クリスマス、お正月シーズンの一足としての選択肢としてもサイズが比較的揃っており、
ハイスペックモデルのニューバランス2040の購入を考えている方にはお奨めの一足になります。

 ソールの耐久性など、下手な1万円のスニーカーを3足買うより、2040を買った方が
長持ちする可能性もあるので、一見高いようでも、損をしない1足です。

ニューバランス M2040NR2 【幅狭〜標準 Width:D】 NEW BALANCE M2040 ネイビー / レッド 【Made in U.S.A. 正規品】 メンズ スニーカー

ニューバランス M1300JP2 2015年モデル 完全復刻版プレミアム価格品は買い?

 ニューバランス1300ファンにとって、
こだわりのある方でしたら1300JP2をセレクトする
のも良いと思います。

 その一方、プレミアムプライスになっている場合では、
ちょっと考えて見る必要もあります。


 例えば、デザイン的に比べると、576や1400、996など他のモデルと比較して
それほど大きな差が分る方は少ないと思います。

 また、履き心地では、好みもありますが1700が1000番台のモデルでは、
ほぼ最高の履き心地です。1300のレトロ感も魅力的で、そこまでこだわりたい方でしたら、
買っても良いと思います。

 1300JPとCLでは、
オリジナルへのこだわり感もありますが、ほどとぼで納得するのであれば、
それほど大きな差が分らない面もあります。


New Balance(ニューバランス) M1300JP2 2015年モデル 完全復刻版 STEEL BLUE(スティールブルー) MADE IN USA(アメリカ製) サイズ US 8(26cm) 未使用デッドストック【中古】

NEW BALANCE M1700 CAAtがクール

 ニューバランス フラッグシップシリーズ  M1700 CAAtの紹介です。
ファースト オリジナルカラーとしてはグルーカラーが定番ですがカラーバリエーション展開も幅が広がり選択肢も増えています。

 ハイテクモデルとして1700番としての最高峰モデルといった作りが特徴です。
履き心地の良さと衝撃吸収性では、ニューバランス1300以上で快適性からも人気の1足として評価の高い一足です。



 とにかくニューバランス1000シリーズの中から履き易さで選ぶならこの1足と言ったもない外さない1足です。

*****************
 その他、ニューバランスのスニーカーチェックは、GETTRYから出来ます。

ニューバランス ML2016の紹介

ニューバランス ML2016は、従来のデザインと違ったシンプルなアッパーデザインで、カジュアル系の中にモード感が漂ったモデルです。

 特に履き心地とスタイルにこだわりたい方におおすめの1足です。

 これまでの雰囲気と違った1足が欲しい、レザーシューズでビジネス履きとしても使用しやすい感じです。




送料無料 ニューバランス NEW BALANCE スニーカー ML2016 全2色(NEW BALANCE LIFESTYLE MODE DE VIE ML2016 BK GY)メンズ(男性用)ランニング 天然皮革 スエード シューズ スニーカー NB


ニューバランス1700CAA メイドインUSAはトップレベル履き心地

NEW BALANCE M1700CAA MADE IN U.S.Aの紹介です。
 個人的にニューバランス1700は1000番シリーズ最高の履き心地と過言しても言い過ぎで無い1足です。
 1300シリーズから続いた最終進化版としての1000番モデルと言って良いデキです。
オリジナルは1999年にリリースされ私も予約で入手しました。
 機能としてはミッドソールに贅沢なまでにアブゾーブを採用し、複合的に色々な機能を
組み合わせた1足でした。履き心地の良さを重視して作られた反面、価格も高価でちょっとした高級革靴なみの価格でした。それでも、革靴を買うよりはるかに快適な履き心地を実現しており、お宝の一足でした。

 カラーはブラック×ホワイトでシンプルにクールな感じに見えます。
オリジナルのグレーカラーモデルよりこっちのタイプの方がファッションとしては合わせやすく飽きの来ない感じに仕上げられています。

 1300と比較すると、デザイン的にややハイテク的になっていますが、機能性重視の集大として1000番シリーズを飾るファィナルモデルとしての一品です。それ以降は2000番シリーズに変わり、履き心地では、次世代モデルより良かったと評価する方もいます。

ニューバランス 1040 ブラックモデルの紹介 

 ニューバランス1040は、ウルトラマラソンなど長距離マラソンに対応し軽量化とクッション性を持った
ランニングモデルです。
 
 シンプルなデザインとクッション性能も高く、ファッションアイテムやタウン仕様でも行ける感じです。
 
 ウォーキング用とランニング用の違いでは、
ランニング時の衝撃力と反発力、エネルギー誘導みたいな所が違います。

 ランニングの場合、ランニングモデルをセレクトするのが大切です。
ウォーキングの場合、ランニング用モデルでも履いています。
  アウトドアで履く場合は、ソールパターンが深めのアウトドア仕様、ウォーキング仕様が適している
感じです。

ニューバランス ML574の紹介

 一時ブレイクしたニューバランス ML574の紹介です。

 574のポイントベーシッククラシカルもでるで特別高機能でもありませんが履きやすく、
定番のスニーカーとして普段の使用に便利な一足です。

 ハイスペックモデルとの違いでは、素材感とか素材や機能などに違いがありますが、普段に履く
モデルとして見れば十分履き心地も良く満足できる一足です。

 デザインも普遍的で価格も特別高すぎる事も無く、ローテションの1足として愛用するのも良いです。

 ハイスペックモデルのネックでは、価格が高額になるので買い換えたくても、中々手が出にくい時もあるので、つなぎの1足やローテションの1足に揃えておくと全体的に長持ちしますので、おすすめです。


ニューバランス1300CLSの紹介 

 ニューバランス1300CLSの紹介です。

 基本的にニューバランス1300スペックですが、Jタイプとの違いではディティールなど細かい部分の作り込みの違いになります。こだわり派はJタイプを推奨しますが、最近のプライス設定平均がやや高額な事から、1300CLSでも良いと思います。

 1300は、現在ではクラシックディティールモデルとして、マニアに人気モデルです。
私が知った頃と現在では、より進化したハイテクモデルの幅が広がったり選択肢も増えたので、ある意味オリジナルモデルにこだわるか?こだわらないか?もあります。

 ファッションシーンとしては、ジーンズよりチノパン、色もカーキ色やベージュ系になっている事から、カラフルなトップスを持ってくる感じでオシャレ感を高める感じになっています。

 ジーンズではストレートの501タイプが合わせやすい感じかも知れません。



 1300のティストと履き心地感覚だけでセレクトする場合でしたら、無理に高額の1300Jモデネよりこちらから入って見るのもよさそうです。