ニューバランス   Dワイズ MADE IN USA グレー M990GL5 v5がお買い得

 ニューバランスの現在フラッグシップモデルとして人気のMADE IN USA グレー M990GL5 v5です。

 履き心地はソフトフィッティングでやわかめクッションと足全体を包み込むソフトな履き心地が人気です。

  ニューバランスの定番カラーとしてグレーが合わせやすいです。

 



 デザインは、クラシック過ぎないシャープなデザインで、ローテク過ぎない所がおしゃれな感じです。
全体的に、ソールなどおとなしい感じですが、フィット感や履き心地を高めており、履き心地の良いスニーカーを探している方には、
おすすめの1足です。

 1足買うと、もう1足欲しくなると言われている方も多く、履きやすさではトップクラスのメイドインUSA  M990GL5 v5になります。
ニューバランス new balance 990 スニーカー メンズ Dワイズ MADE IN USA グレー M990GL5 [予約 9/18 再入荷予定]


スニーカーを簡単にクリーニングしてリペアするポイント

 古くなって来たスニーカーもーでも、愛着のあるモデルもあります。
私が所有しているニューバランスのスニーカーで、けっこう長く使用しているモデルに2002があります。

 2002も発売されて10年くらい過ぎているかも知れませんが、今でも現役で履いています。
さすがに最初に買った1300もボロボロになってしまい履けなくなっていますが、ある程度リペアできる所もあるので、
その辺りについて紹介します。


 スニーカーが汚れた場合、素材にもよりますが、
それぞれのクリーナーを使ってクリーニングする事である程度綺麗になります。

 他では、靴の中に新聞紙を丸めて入れる。乾燥剤を入れる。
以上の方法で型崩れや湿気を抑える事もできます。

靴底補修材など使って、ある程度すり減ったソールを直す事も可能です。




他では、破れた部分は針と糸、テグスなどで吸い付ける事で補修も可能です。

 ソール部分は、歯磨き粉と歯ブラシで磨くと、けっこう綺麗に戻ります。
その他では、サンドペーパーを使いこする事で、汚れた部分を削ってキレイにする事も可能です。

 革製品では革の色に合った靴墨をつけて塗る事でキレイになります。

 靴補修用の接着剤で剥がれたソールを付け直したり、
意外に自分で行ってみても、簡単に直せる所もあります。

 履き口部分の破れも補修用のシートなど取付ける方法もあります。

 その他では靴紐を交換したり、インソールを新しい物に取り換える方法もあります。


 けっこう高い感じに思う人も居ますが、
100円ショップで売られている物もあるので、上手く活用する事で、
またカッコ良く履ける場合もあるので、せっかく気に入ったモデルでは、
自分で直して履くのも良いと思います。

 









スニーカーは短期間でまとめ買いしない方が良い理由

 最近のスニーカーの流れでは、ナイキが注目を集めている感じもあります。
その他にも新しいブランドが注目されたりと、トレンドの流れも色々と変化しています。

 ニューバランスも以前ほどのブームも過ぎていますが、
最近は、またニューバランス1700のオリジナルカラー復刻版がリリースされています。

 いちお、私自身、ニューバランス意外ではレッドウィングのブーツとかドクターマーチンとか、
色々な靴を履いたりもしています。ビルケンシュトックやオールデンのコードバンチャッカブーツ、パラブーツ、
ダナー、他では100円ショップのサンダルまでと幅広くあります。

 革靴タイプの合皮モデルの靴やコンバースオールスター、スピングルムーブなどもろもろです。

 最近はグローバルな感じでオールバーズなど、注目されつつある感じです。

 いちお、ニューバランスフリークとしては、
オールバーズが世界一快適な履き心地と噂されているので、気になる所もあります。

 素材に天然素材を使用しており、あるモデルではメリノウールをアッパー、
インナーまで使用して快適な履き心地と説明されています。

 イメージではウール100%のセーターを足に巻いた感じとか、
ウール100%のソックスを履いた感じかな?みたいに想像しています。

 と、言う感じで本題では、スニーカーは、
基本的に一定期間の年数が経つと劣化してしまいやすい所もあります。

 個人的に長期保管に耐えられているスニーカーでは、コンバースオールスターがあります。
他ではナイキのラバーソールでスエードタイプの靴もありますが、こういったのは、経年劣化し難い感じです。

 ニューバランスでは、2002が今の所、まだ現役で履けています。
ニューバランス1700は、けっこう履き込みましたが、接着剤がはげたり、
透明な部分が取れたりしました。ニューバランス1300もある程度経つと、ソーネが劣化してしまった経緯もあり、
基本的に短期的に集中して買うより、購入ペースなど間を空けながら買い足して行く方が良いと最近は考えています。

 ブーツや革靴も
接着剤でなく縫って止めてあるモデルでは修理も可能ですが、
スニーカーの場合、履きつぶす感じとかになりやすく、気に入ったモデルでも
意外に修理が難しい場合もあるので、買い替えて行く感じになりやすいです。

 最近のロープライスモデルでは、経年劣化するくらい履き込む前に
ソールがすり減ってしまう感じもあります。

 ナイキのエアマックスタイプのモデルでもロープライスモデルでは、2年くらい履くとソールがすり減ってしまいました。

 ニューバランス1700は、
あまり履かないと言っても外出履きで、
けっこう長距離を歩いたりしていますが、まだ十分に履けるくらいソールが残っています。

 以上の感じで、どちらにしてもスニーカーは、
どうしても長期保管に弱いモデルも多く、気に入っても購入ペースとしてはまとめ買いより、
分散して購入した方が良い場合もあります。


 経年劣化に強いモデルが良さそうに思うかも知れませんが、
短所では、ローテクモデルや昔ながらのモデルと最新のハイテクモデルと
比較すると履き心地では、最新モデルやハイテク素材のスニーカーの方が履きやすく
デザインも斬新なタイプも多くあります。

 定番モデルでは、いつでも買い替えしやすいですが、
限定モデルは時機を逃すと中々、手に入れ難い所もあり、ついまとめて買ってしまう所もあります。

ニューバランス M 997 JCS モデルのクールポイント

 ニューバランス997は、
クラシックスタイルでありながらハイテクモデルの履き心地を持っているモデルです。

 


 グリーン系のカラーで定番グレー系のカラーと違った魅力があるモデルです。
ニューバランスシリーズの中では、今年の秋モデルとして色々なバリエーション展開も行っている感じです。

 秋になると全体にダーク系カラーの
ファッションスタイルに偏りやすい方は、足元を敢えて目立つ色に持っていく方法もあります。

 靴の中で1番、多く履かれているカラーでは、黒が一番多いです。
定番カラーである一方、ファッションスタイルとしてはマンネリ化しやすく、
足元に目立った色を組み合わせるのもおすすめです。
NEW BALANCE M997JCS 【MADE IN U.S.A.】【Dワイズ】 ニューバランス M 997 JCS GREEN

 







タグ:ニューバランス

定番モデルスニーカーとシーズンモデルスニーカー、どっちがおすすめ?

 スニーカーもファッションアイテムとしての
ニーズや機能性重視型のモデルなど色々あります。

 そういった中、定番モデルとシーズンモデルスニーカーの選び方や
コツについて色々紹介します。


 定番モデルの魅力

 定番モデルは、お気に入りの1足として安定して支持されています。
有名どころでは、コンバース オールスター、アディダス スーパースターなど
普遍的な人気を持っています。ニューバランスでは574など人気モデルです。

 ニューバランス1300は、そういった定番モデルの中では
ハイエンドモデルになっています、ナイキではエアマックス95など、
ハイエンドモデルとして広まっています。

 一方、シーズンモデルでは、毎シーズンデザインや
機能をアップデートしたり改良してリリースされるモデルです。

 一般的にシーズンモデルは、生産数が決められており、
シーズンが過ぎると再リリースされるモデルは限られて来ます。

 そういった所もあり、シーズンモデルは希少モデルになりやすく、
一部のスニーカーファンやマニアの間で人気になっていたりします。

 定番モデルは基本的に生産終了となるケースは少なく、
また、欲しくなった時も比較的入手しやすい所もあります。

 


 スニーカーが好きになる魅力は、

 スニーカーの魅力は、履き心地やファッション性、
シーズン性の快適性の魅力など色々とあり足元にこだわる人は一度はまると、
これまでの普通のスニーカーでは物足りなくなる方もいます。

 そういったスニーカーの魅力やファッションに興味がある人は、
オシャレだったりこだわりのある感じとしてアピール出来る所も魅力です。



スニーカーの高い安いの差は、どこがポイントなのかチェックした話

 最近、カニーカーの値段の差について尋ねられる事があります。
私も以前、スニーカーショップで尋ねた事もありますが、一概にこうだから高い。
とも言えない面もあります。


 そういった中、敢えて価格の差についてチェックしたポイントを紹介します。

 ニューバランスのスニーカーで高額モデルとロープライスモデルの差は原産国で違う

 ニューバランスのスニーカーでは、
メイドインUSA、UKになると価格が対モデルが増えます。

 その他の生産国のモデルは比較すると価格が安いモデルが多いです。



 素材や機能の差で価格が変わる

 ニューバランスのスニーカーでは、色々な技術が採用されているモデルがあります。
私が履いているニューバランスのフラッグシップモデルでは靴底の素材やミッドソールの機能、
またアッパー素材も天然素材や高級モデルは革素材でも価格が違ってきます。

 見た感じが同じでもハイテク機能の搭載の有無などでも違ってきます。

 ジーズンオフモデルチェンジなどでも変わる

 ニューバランスのスニーカーは、
特別モデルチェンジで価格が下がる事が少ない所もあります。

 また、定期的に再販売されるモデルもあるので、
一概に価格が安くなるタイミングについては、難しいです。

 そういった中、シーズンオフ価格になるモデルもあります。
例えば、あまり人気が出なくてそっそりとプライスダウンされるモデルもあります。

 こういったモデルをリサーチしてタイミングよくゲットする方法もあります。

 高い安い以外のポイントでは、
好きか嫌いか?自分のスニーカーを買う予算に合うか合わないかなど色々なポイントもあります。

ニューバランス 997 メンズ レディース モデルの紹介とアピールポイントをチェック

 ニューバランス997モデルは、メンズサイズ、
レディースサイズ展開と幅広い層にアピールしたモデルです。

 ENCAP搭載の一体成型ミッドソールで
安定性とクッション性のあるモデルです。

 アウトドアからタウンユースまで幅広く対応したモデルです。





 カラーバリエーションも豊富で
服装やスタイルに合わせて選ぶ範囲が広く、好みのカラーをセレクトしやすくなっています。

 こちらの997モデルはハイエンドモデルより
リーズナブルな普及版モデルなので、お手頃プライスなので買いやすく普段に履きやすいモデルです。

 ニューバランスカラーではグレーが定番です。
グレーは他の色との組み合わせをしやすく、黒めのパンツやジーンズ、チノパンなどにも合わせやすくなります。


 それぞれ好みでセレクトしたり色違いで数足購入して交互に履くのもおすすめです。



【クーポンで最大15%OFF!】ニューバランス 997 メンズ レディース グレー ブラック ネイビー スニーカー カジュアル アウトドア CM997HCA CM997HCE CM997HCC CM997HAI new127

ニューバランス New Balance W990 レディース シューズ スニーカーの購入ポイントチェック

 最近はスニーカー通勤が推奨されています。
その中、ニューパランスW990の購入ポイントなど色々チェックと紹介です。

 デザインはニューバランスの定番のローテク風スタイルです。
カラーはグレーで最近は全般的にグレーを取り入れたファッションも多く、
最近のスタイルとしては、グレーのスニーカーを選ぶのもアリな感じです。

 レトロな感じですが履き心地も良く快適スニーカーの1足です。

 購入ポイントではカラー選びもありますが、グレーは以前は地味な感じでしたが、
最近はファッションでも定番カラーとして認知度も高くなっています。

 ジーンズとあわせるのがスニーカーみたいなイメージもありますが、
ガウチョパンツやワイドパンツとの組み合わせにも向いており、ネイビーやブラックの
ボトムやキレイ目のカラーと合わせるのも良い感じです。




 ファッションも色々と目新しいデザインやカラーに目が向く方と、
ベーシックカラーに決めて着る方など色々です。ニューバランス990は、
どちらかと言えばシンプルデザインなので、服装を引き立てる感じで合わせて行くと良い感じになります。

 お手入れでは、最初に防水スプレーとしてアメダスを軽く吹き付けて、
軽くブラッシングする感じで使うと長く履けます。
 その他では、基本的に雨の日にはあまり履かない方が靴も長持ちする事と、
水洗いなどすると、どうしても痛むので、インソールを洗ったり、取り換える。
アッパーは、軽く拭く、ソール部分は、歯磨きこをつけてアクト汚れが落ちやすいです。

 以上の感じで大切に履く事で愛着もあり、
流行に左右されないで履ける1足になります。

雨の日に適したスニーカーはゴアテックスマテリアル仕様のニューバランスに決まり

 梅雨シーズンになると、気になるのは雨ですが、
実際に雨の日に履くスニーカー選び中なポイントは雨の日でも
濡れにくいタイプのニューバランスのモデルがおすすめです。

 高級モデルのレザータイプなど
雨に履くとシミの原因になってしまう事もありますが
オールレザーでは、ある程度の水濡れでも足まで濡れないメリットもあります。

 また通気性の良いメッシュモデルもありますが、
こちらは、防水スプレーなどである程度カバーできる所もあります。

 ですが、完全防水では無いので、
水たまりに足を入れてしまうとサイドなどから
浸水してしまう可能性もあります。

 雨の日にスニーカーの中に水が入ってしまうと、
けっこう冷たさが伝わったり不快感もあるので、やっぱり
スニーカー選びとしては、ゴアテックスマテリアル仕様の
ニューバランスを選ぶのが、ベストな選択になります。



 以前は雨の日と言えば長靴のイメージもありましたが、
長靴は、通気性が悪くゴアテックス素材を使用したモデルと比較すると、
足の中のムレ感や歩きやすさも違います。

 ゴアテックスマテリアルを仕様のニューバランスのスニーカーでは、
多少の水たまりでもそれほど気にしないで濡れても大丈夫なので、
通勤や通学、雨の日にもベストな1足になります。

 雨の日でも足元を気にすることなく
快適なウォーキングサポートスニーカーとしてもゴアテックス仕様のニューバランス
NB MW880G 4E B3 ブラック ウォーキングタイプをチェックするのも良い感じです。

 



スニーカーの履き心地や好みで分かれるポイント

 スニーカー選びの中で、けっこう重要なポイントがあります。
それは、固めの履き心地が好きな人と柔らかめの履き心地が好きな人など、
色々なポイントがあります。

 私がこれまで履いて来たスニーカーの中で、
好みのタイプを参考までに紹介します。

 まず、クッション性はちょっと柔らかめで、
そこそこ反発性があるタイプです。

 またアッパー素材は、スエード調、メッシュなどです。
通気性がとぢらかと言えばある方が好みになります。

 革靴タイプでは、湿気が逃げにくい所もあり、
季節によっては履きにくいケースもあります。

 クッション性が固めで反発性が高いモデルでは、
ナスキのスニーカーなど、そういった感じのタイプが多く履いた事もあります。

 こちらは、ちょっと尖った感じの履き心地になるので、
合わないと足が疲れやすいケースもあります。

 インソールで調節する方法もありますが、
インソールもクッション性が高いモデルにクッションの良い
インソールを入れると、足の返り、反発れょくが弱くなるので、
返って疲れる方もおります。

 こういった感じで、色々履き比べて、
自分の好みの履き心地モデルをセレクトして行くのもポイントです。

 ニューバランスでけっこう良いと言われているモデルでは、
1500とか576ですが、個人的には1700が穿き心地のバランスでは、
高いと思います。

 2002などのモデルは、ミッドソール素材など固めになっているので、
ウォーキングがメインでは、1700などのミッドソールが良い感じです。

 反発性よりクッション性重視。膝や腰に負担を感じる方では、
どちらかと言えば、反発性よりクッシヨン性の高いモデルをセレクトした方が
痛みや疲れを和らげる所もあります。
 立ち仕事でずっと立っている方では、ちょっと固めの方が疲れにくいなど、
それぞれのシチュエーションに合わせてセレクトする事もポイントです。

ニューバランス 1700 メンズ new balance スニーカー CM1700GZ Dワイズ ネイビー [2/2 新入荷]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。